ごあいさつ

 とらんぷ堂書店 はフランスを中心にヨーロッパやアメリカの洋書を扱うネット古書店です。

 美術書やトランプ関係の本、装丁の美しい本など言語がわからなくても楽しめる本、そして言語がわかればもっと楽しくなりそう、と思わせてくれる本を扱っていきます。古本や洋書が身近な楽しみになるきっかけを作れたらとても嬉しいです。そして検索で出会いにくい、出会うまで知らなかったような本と私自身出会い、たくさん紹介していけたらと思っています。

 Homeの♤の画像は作家の山下陽子さんのものを使わせていただいています。とらんぷ堂書店のイメージで作成していただきました。

 実はかつて2001年から10年間ほどとらんぷ堂書店はネットに存在していて、上記のジャンルの本を扱っていました。ぼんやりしているといつのまにかサイトがなくなってしまったのですが、そろそろまた洋古書にたずさわりたいと思い、新しい形でとらんぷ堂書店を再開することにしました。

今まで

 とらんぷ堂は昔ながらの古本屋さんのような凄い知識の持ち主ではありません。それでも、昔からずっと古いものや本が大好きで、本にいい感じに人生を振り回され続けています。もともと、祖父は骨董コレクター、父はレコードコレクターという古物大好きコレクター気質の一家に生まれたのですが、その反動か古物は好きだけど骨董やレコードにはあんまり興味ないというもったいない人になってしまいました。

 そんな中ヌーヴェルヴァーグや澁澤龍彦や24年組に出会ってフランス文化に憧れすぎて高校3年間をスイスの全寮制の学校で過ごしました。帰国してからフランス文学を学び、2001年にオンライン古書店とらんぷ堂書店をオープンしました。同時に大阪かっぱ横丁にある老舗古書店りーちあーとに押しかけて修行させてもらったりもしました。

 2010年頃まで恵文社さんなど多くの古本市に出店したり、アトリエ箱庭さんに本を置かせていただいたり、いろんな方との出会いを楽しみながら古本を売っていたのですが、2010年頃他のことで忙しくなりぼーっとしていたらとらんぷ堂のサイトがなくなっていたのです。

再び

 そして2019年11月にとらんぷ堂書店を再生してみることにしました。いつにしようかなと考えていた時に、Shakespeare and Company のオープンが1919年11月19日だという文を読み、ちょうど100年後の2019年11月19日にしようと決めました。Shakespeare and Company はシルヴィア・ビーチという一人のアメリカ人がパリで開いた伝説の本屋さん。ジェームス・ジョイスやヘミングウェイなどとの交流も書かれたビーチの自伝も出ています。

 とらんぷ堂書店 もノスタルジーを持ちながらもこれからのいろんな出会いを楽しみにしています。

 基本はフランス語と英語の洋書ですが、他にもトランプコレクションなど興味のおもむくまま、偶然にひかれるままにトコトコ進んでいこうと思います。よろしくお願いいたします! 

 お問合せは下記メールアドレスからお気軽にお願いいたします。

とらんぷ堂書店 はフランスを中心にヨーロッパやアメリカの洋書を扱うネット古書店です。   美術書やトランプ関係の本、装丁の美しい本など言語がわからなくても楽しめる本、そして言語がわかればもっと楽しくなりそう、と思わせてくれる本を扱っていきます。古本や洋書が身近な楽しみになるきっかけを作れたらとても嬉しいです。そして検索で出会いにくい、出会うまで知らなかったような本と私自身出会い、たくさん紹介していけたらと思っています。